セパハンのケーブル通しは難しいのです

特に不具合は無いのだけれど、新車時から点検していないのでということで、セパハン仕様のFIモデルSR400をお預かり。

クラッチケーブルの給油でもしようかなとふと見ると、ケーブルが無理に曲がってこんな状態。
セパハン化の時の通し方が悪かったのでしょう。

画像



FI車ということも有り、クラッチは軽く違和感は無かったものの、通しを変えようと外してみるとこの状態。
外からは見えなかったのですが、内部でケーブルが断線していて要交換。

画像



交換後はこんな感じ。
ハーネスもスマートに収まりました。

画像



スロットルケーブルの通しも無理があるなあと思ったら、

画像



直進状態ですでに通しに余裕は無く、ハンドルを右に切るとギシギシ突っ張る状態。

画像



社外ライトステーの上に通しを変えると、

画像



ハンドル直進状態で、こんな感じ。

画像



右にいっぱいに切ってもまだ少し余裕が有りますね。

画像



セパハンSRはノーマルSRと違って改造車ですからケーブル通しに正解はありません。
要はハンドルを切っても他の機能に干渉せず、スムーズに作動すればいいわけですが、いかにスマートに通すか、セパハンSRは試行錯誤なのです。
なので、前周りの修理整備の時の工賃は、ノーマル車よりUPとなりますので、お許しを。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント