走行1,500キロのタペット調整

メーター距離は1500キロ弱。 まだ慣らし中なのに、エンジン音が気になるというSR400FI車が入庫しました。 エンジンをかけると、軽やかなタペット音。 測ってみると、排気側は0.19㎜で、吸気は0.12㎜。 吸気はまだしも、排気側は基準値外要調整レベルですね。 スクリューの磨耗は両方とも僅かで、バルブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オイルが減った?オイルタンクのオイル下がり

お預かりしたSRのオイル量を見ようとオイルレベルゲージを外してみても、ゲージにオイルが付かない、それどころか中を覗いてもオイルが入ってない! なんて事が時々あります。 酷いオイル漏れや、白煙大なんていう深刻なトラブルの場合は別ですが、普通に走ってきたSRにオイルが入っていないなんて事はまずなく、オイルがフレームのオイルタンクから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セパハン車のステム修理

先日、個人売買で手に入れて間もないというセパハンカスタム車を、諸々のメンテナンスでお預かりした時の事です。 普通に乗って来られたSRを店内に入れようとして驚愕。 とにかくステムがガッタガタ。 ガタのレベルじゃありません、もげそうです。 人間で言ったら緊急入院要手術状態です。 とりあえずリングナットを締めつけてみるも、ほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイングアームとステムのオーバーホールのあれこれ

フロントディスクのRH01J。 距離もそこそこ走っているしと言うことで、念のためとスイングアームオーバーホールのご依頼です。 外してみると、なぜかスラストベアリング部にだけトロトロな茶色いグリスが。 さてなぜでしょう? スイングアームピボットはエンジンの熱で結構熱くなりますから、そのせい? 一度ステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRの本質

と、表紙に大きく書かれたライダースクラブのムック本が出ました。 詳細はこちら。 再復活したSR400ですが、FIや最高出力の低下に不安を覚えている方もいらっしゃるようです。 そんな心配など吹き飛ばすような、ライダースクラブ元編集長ネモケンこと根本健氏の試乗記事や、自らもSRのヘビーユーザーであるストリートバイカーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブレーキケーブルの取り回し

まだ購入してまもないという綺麗なノーマル最終型500を、タペット調整でお預かり。 タペット調整はタンクを外し、スロットルケーブルをずらして作業する訳ですが、調整が終わり、ハンドルを切ってスロットルケーブルの動きを確認していると、どうも突っ張る感じがしてなにかがおかしい。 ハンドルはノーマルだし、なんでだろと思って見ると、原因…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほぼワンオーナー85年モデルSR500のメンテナンス

手に入れて間もないという85年モデルSR500のメンテナンスのご依頼です。 微妙に引っかかりのあるステムのOH他、カムアームの組付けが怪しいフロントドラムブレーキ、漏れているのか怪しいフロントフォークetc,ひと通りメンテナンスをいたしましょう。 不調な事の多い加速ポンプ付きVMキャブ車ですが、今回は好調なのでそのまま。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タペット音じゃなくて、異音です

ちょっと前になりますが、個人売買で手に入れ乗り始めたたという400をメンテナンスでお預かりしました。 タペット音はどうかなとエンジンをかけてみると、カチカチとタペット調整のレベルを通り越してカンカンと盛大な異音。 手に入れた時からなのか、最近出た音なのかは定かでないものの、タペットカバーを外してみると、EX側スクリューの当たり面が欠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

'92年モデルSR500を仕上げています

当店で数年前に販売した500が、なんと売った時よりピカピカになって戻ってきました。 型式は3GW3。 CVキャブに替わった後、タンクにミラクリエイト塗装がされたモデルで、まだライトスイッチと速度警告灯が付いていたり、バッテリーが液入りだったりするモデルです。 ご都合により手放す事になったのですが、メンテナンス等手を入れて大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダブルディスクは良く効きます

ちょっと前に諸々のメンテナンスでお預かりしたダブルディスクカスタムの400です。 オーナー様のご尽力で公認もスムーズに取れました。 ところで、パットを外す時、キャリパー裏のスクリューはどうやって緩めるのでしょうか。 ともあれ、なんとかスクリューを外してチェック。 ピストンは左右ともアウトで、部品代も工賃も倍で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイングアームのバリ

スイングアームのオーバーホールでちょくちょく遭遇するのがこれ。 溶接時のバリでしょう。 オイルシールはズレていた訳ですが、グリスの入れ過ぎだけではなく、このバリによる密着不良も原因のひとつでしょう。 バリは棒ヤスリでボロっと取れるので、後は細かいヤスリで仕上げます。 それはそうと、塗装する前にちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BSA SR

先日車検でお預かりしたBSA SR。 BSA&デイトナが企画した独自フレームに、SRのエンジンを載せ、車体周りもSRというレアなオートバイで、車検証の車名はBSA。 確か触るのは二度目かな。 エンジンが直立しているのがミソ。 そしてオイルタンクが別体なので、ステムの心配不要。 ある意味究極の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FI車のブレーキパッドは早く減る?

先日お預かりした2016年モデルの60周年記念車FI400。 ブレーキパッド残量が紙一重でほっとしつつも交換したのですが、走行距離は6,500キロ。 こんな話がたかだか当店だけでちょこちょことあります。 2001年からのキャブのディスク車で、ブレーキパッドが早く減るという印象は無いし、2…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

SR400またまた復活!

2008年にキャブ車が排ガス規制で生産終了したものの、2010年にFI化で復活したSR400。 しかし、さらに厳しくなった排ガス規制で2017年モデルを最後に再び生産終了になり、どうなる事かと思っていましたが、大きな変更も無く無事復活(詳細はこちら)。 ここまでくると、まるでゾンビですが、嬉しいじゃありませんか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

細かいのから定番まで、ダメ出し連続は少し疲れます

バイクに乗って走っても熱風が当たるだけで涼しくならない日が続きますが、整備は手が空く暇もなくありがたい限りです。 さて、個人売買で手に入れたという400の基本点検他諸々を進めていた時のこと。 タンクを外そうとして目に付いたのは、キチンとはまっていないダンパー。 この時点で先々の予感はあったのですが、定番から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SRで行く猛暑の陣馬形山キャンプツーリング

前回陣馬形山へキャンプツーに行ったのは4年前の海の日でした。 確か梅雨明け当日の晴天で、特に暑かった記憶はないのだけれど、今年はとっくに梅雨が明け、連日猛暑。 そんな中、海の日の連休に相棒が陣馬形山へキャンプに行くというので、ひとつ気合を入れて合流することに決定。 普通の暑さではないので、熱中症で倒れない事と山の上は涼しい事を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21ozのジーンズ

通勤時は裏地が防風防水ゴアウインドストッパの膝パッド付きバイク用ジーンズや革パンを履いているですが、夏は流石に暑過ぎて普通のジーンズいっちょ。 スースー涼しいのはいいのだけれど、ちょっとコケただけでも痛いだろうなあと不安に感じていました。 どうしたものかと、膝パッド付きの薄手のバイク用ジーンズなぞを物色していたのだけれど、生地が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セパハンのケーブル通しは難しいのです

特に不具合は無いのだけれど、新車時から点検していないのでということで、セパハン仕様のFIモデルSR400をお預かり。 クラッチケーブルの給油でもしようかなとふと見ると、ケーブルが無理に曲がってこんな状態。 セパハン化の時の通し方が悪かったのでしょう。 FI車ということも有り、クラッチは軽く違和感は無かったものの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11,000㎞使ったブレーキパッドと、16,000㎞走ったタペット調整etc

一年ほど前、まだ5,000㎞しか走っていないのにパッドが減ってローターまで齧っていたSさんのインターカラーSR400に、ロングツーリング前の諸々のメンテナンスで再度ご入庫いただきました。 あれから11,000㎞も走っているし、パッドの減りはどうかなと覗いてみると、なんて事でしょう全然減ってません。 Sさんは余程スムー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の冬は、キャンプツーリングならぬ、車中泊スキーでした

今シーズンはスキー熱が再燃し、なんと3回も前夜車中泊スキー。 テントではないものの、冬の夜に山奥でビールを飲みシュラフで寝るという行為で満足感を得られた為か、毎年騒ぐ冬のキャンプツーリングは行かずじまい。 そして締めくくりにと、先月末に上手く滑れて気を良くしたかぐらスキー場へ再度出かけたのはいいのだけれど、重い雪質のコブに刺さっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more