ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説

アクセスカウンタ

zoom RSS 走行5,000qのリヤブレーキオーバーホール

<<   作成日時 : 2017/04/01 18:17   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日パッドが無くなったSR400は、インターカラーの60周年記念車だったのですが、またまたインターカラーSR400のお預かり。

画像



リヤハブクラッチのOリング追加と、ついでにリヤブレーキのオーバーホールです。
今回も、走行距離はまだ5,000q。
新しいうちにブレーキのカムシャフトにもしっかりグリスアップしておきましょう位の気持ちでリヤホイールを外すと、ドラム内部は真っ黒でダストが結構溜まった状態。
オーバーホールし甲斐があるというか、してよかった。

画像



カムとシューの当たり面のグリスもほぼ切れていました。

画像


このダストシールという名のフュエルト、新車時にはオイルが注してありません。
なので、たぶん水が入り易いのでしょう、乗りっぱなしのSRだと、カムシャフトが錆び付いている事も間々あります。

画像


組付け時には新品を使用する事になっていますが、新品に交換するより、オイルでも注して水が入るのを防ぎましょう。


ドラム内は洗ってすっきり。

画像



シューやプレートも綺麗になって完成。

画像




聞けばリヤブレーキをメインに乗っていらっしゃるとの事で、汚れの多さも納得。
SRはリヤブレーキの効きがいいので、ついつい頼りがちですが、ライニングが減って汚れるだけならまだしも、ドラムが減ると、交換は大事になります。
それに、いざという時に制動力が必要なのはやっぱりフロント。
安全の為にもブレーキは前後ともバランスよく使いましょう。

グリスアップされていて、ほとんど磨耗も無いリヤハブにOリングを入れて完成!



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
走行5,000qのリヤブレーキオーバーホール ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる