ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説

アクセスカウンタ

zoom RSS CRキャブの不思議なバキュームホース接続

<<   作成日時 : 2016/12/24 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

エンスト修理でお預かりしたCRキャブ装着のSR500です。
社外のインマニが付いているのですが、コックは負圧式ノーマルのまま。

画像



負圧はどこから取ってるのかなと素朴な疑問。
よく見ると、チョークノブ下にある、ブリーザー?ホースと接続してあります。

こんなところから負圧が取れるの?
エンジンを始動してみると、弱いながらもちゃんと負圧が掛かっており、コックは開閉していているのでした。

もしかしてこれって裏技!?

気になってネットサーフィンしてみると、ブリーザーだと思っていたのは、チョーク使用時の空気取り入れ口とのこと。
CRキャブのチョークを引いてキックすると、シュコシュコいうのはこれだったのですね。
そして、チョークバルブの構造上、多かれ少なかれ、エアを吸う事があるらしいのです。

しかし、この裏技はアリなのか?
ここにホースを繋いでしまったら、チョークが使えませんから、答えはノーでしょう。

でも、チョークを使わないならいいのでは?
ところが今回、ここのホースを塞いだ状態にしてしまうと、ホース内にガソリンが溜まってしまう事が判りました。
そして、そのガソリンを吸ってしまうのがエンストの原因なのか、結局はこのホースを外す事でエンストは解消したのでした。

しかし、今までこの状態で普通に走っていた訳で、急にエンストするようになったのは何故でしょう。
チョークバルブの密着不良が怪しいのですが、今の所いわゆる濃い症状もないので、ひとまず様子を見ていただく事に。


オーナー様によると、キャブ換装やバキュームホースの接続は中古車購入時からとの事。
いつ誰がどんな理由でホースを接続したのか、不思議です。











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CRキャブの不思議なバキュームホース接続 ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる