ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説

アクセスカウンタ

zoom RSS '05モデル ヤマハ50周年記念限定車の仕上げです 〜ステムベアリング交換〜

<<   作成日時 : 2016/11/20 19:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初期型カラーのタンクに、タックロールシートが似合う、ヤマハ50周年記念限定車の仕上げです。
メーターパネルが黒かったり、フォークやクランクカバーがバフ掛けされていていたりと、結構凄いんです。


ワンオーナーで走行距離は5,000qにも満たないのですが、まずは中古車仕上げには必須のステムオーバーホール。
アンギュラが入っているディスク車で、走行距離も少ないし、ガタも引っ掛かりも無いからスルーしようかなと思ったものの、10年5千qのディスクのSRはどうなっているのか後学の為の作業のつもりで開始。

画像




ステムを抜くと、びちゃと水が。

画像




グリスはトロトロになって、錆も混じってるようです。

画像




グリスはしっかり残っているものの、白っぽく乳化気味。

画像




清掃してみると、ロワ側のレースは錆びが酷くて使えません。

画像




アッパー側はどうでしょう。

画像




ロワほどではないものの、錆で使えません。

画像




という事で、結局は長持ちするはずのアンギュラベアリングも錆には勝てず上下とも交換。
オイルシール付きのレースカバーが付いていて、ここまで酷かったのは初めてです。

走行距離が少ないという事は、ベアリングが熱くなる事も少なかった訳で、入り込んだ水が蒸発しきれなかったのでしょうか。

ともあれ、今回は開けて大正解。
走行距離の少ない新しいディスク車でも、早めに一度はオーバーホールしたほうがよさそうです。
オーバーホール時はステムナットの隙間やネジ山にもしっかりグリスを塗りますから、そうそう水は入らないでしょう。


詳細は、HPに出ていますので、興味の沸いた方は是非!

画像








テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
'05モデル ヤマハ50周年記念限定車の仕上げです 〜ステムベアリング交換〜 ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる