ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説

アクセスカウンタ

zoom RSS ノーマル戻し?のダメ出しあれこれ

<<   作成日時 : 2016/09/30 13:41   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

車検と各部の点検、メンテナンスでご来店頂いた、綺麗で走行距離も少ない3GW7のノーマルSR500。
中古車で購入後、まだほとんど走っていないそうですが、各部の状態が気になるとの事なので、ご一緒に状態をチェック。

まずは前輪を浮かせてハンドルをゆっくり切ると、軽くひっかかり有り。
ボールの年式で、この走行距離なら相応ですね。
ともあれ要オーバーホールなのでアンギュラに交換しましょう。

スイングアームはガタ無し、シールのズレも無しで、リヤハブもガタ無し、ついでにグリスアップした形跡も無し。
オーバーホールすると安心ですが、グリスアップしておけば問題ないでしょう。

前後のドラムブレーキは、まだ動きもスムーズですが、このまま使ったらグリス切れは必須なので、オーバーホールしておきましょう。

エンジンは距離相応の賑やかなタペット音が出ているので調整しましょう。

というような感じで、お預かりして整備開始。


と、まず気になったのがこれ。
なんかシャフトがやたらと出ているなあ。

画像



アクスルナットを緩めると、こうなりました。

画像



原因はこれ。
左が本来の18インチドラム車用カラーですが、右の〜'84年19インチディスク車用が付いていたのでした。

画像



普通にホイールの脱着を伴う作業をしていて、カラーが違ってしまうなんてありえません。
19インチディスク化していて、元に戻した時にカラーもそのまま使ってしまったのでしょう。
ちょくちょく遭遇する事例ではあります。

これでフォークが曲がる事はないでしょうけれど、メタル類に負担が掛かり、動きもスムーズでなかった事でしょう。

当然ながらメータークラッチは曲がっていて、要修正。

画像



次に目に付いたのは、ハーネスとケーブルの通し。
間違いは、メインハーネス、スピードメーターケーブル、ブレーキケーブル、デコンプケーブル。
正解だったのは、クラッチとスロットルだけでした。

画像



正しく通すとこうなります(ハーネスみたいなのはETCの配線)。

画像



なぜかボロボロになっていたメインハーネスのテーピングは、

画像



せっかくの機会なので巻きなおしておきました。

画像



しかし、ステムのオーバーホールをやった形跡がないのに、この状況という事は、ライト周りがカスタムされていた可能性が大。


その痕跡は、小部品が無く、ありあわせで付けたのであろう頭が平らで不必要に長いスクリューとか、

画像



樹脂のカラーに直ナットはおかしいと思わなかったのか、ワッシャが無かったり、

画像



ライトステーのグロメットにカラーが入っていなかったり、ボルトとワッシャが左右で違ったりと、実によく表れていました。

画像



そして、なぜこんなところを無理やりこじるのか理解に苦しむ、傷だらけのクラッチレバーホルダー。
作業した人のスキルというか性格も表れていますね。

画像




なんか悪口みたいになってしまいましたが、勘違いしないで下さい。
ノーマル戻しが悪いと言っているのでは有りません。

SRはカスタムされる事が多いバイクです。
カスタムする時はもちろん、ノーマルに戻すという作業も、やるならきちんと行って欲しいのです。



さて、肝心のステムベアリングはこんな状態。

画像


画像


画像


まだグリスが残っていて、錆も無く、レースには僅かな磨耗痕がある程度で、使えない事はありません。
新しいグリスをたっぷり入れ、緩めにプリロード調整すれば引っ掛かりも感じなくなるでしょう。

しかし、そうするとガタが出るのは時間の問題。
そこでガタを調整して締めたら、また引っ掛かりが出ます。

という訳で、少しでも引っ掛かりがあるとアンギュラ交換をお勧めしているのです。


漏れ始めているのを発見してしまったフロントフォークもオーバーホールでオイルシール交換。
開けてみるとWPのフォークスプリングが入っていて、得した気分。

画像



プラグの締め付け不足で、排気漏れの跡があったり、

画像



半ばお約束ですが、右サイドカバーを外したときに無くしてしまうのでしょう、グロメットにカラーが入っっていなかったり、

画像



そして、またもやお約束のように、交換したてらしい新しいエアクリーナーには油っけ無しだったり、

画像



ボロボロになっていたであろう古いエアクリーナーのカスは掃除しておいて欲しかった。

画像



エアクリーナーケースカバーのビスは長さが長短2種類。
長い方が後ろ側、短い方は前側用ですが、案の定適当に付いていました。
とはいえ、違うビスが付いている事があるのに、今回は揃っていてよかった。

画像



カラーを入れて完了。

画像



他にも、お約束のリヤショックのワッシャの組間違いがあったりと、

画像


画像



細かいダメ出しのデパートみたいではありましたが、大きな問題は無く、無事作業終了。

不安だった中古車も、これで安心して気持ちよく乗ってもらえることでしょう。




ミドリ安全 一眼型 保護メガネ オーバーグラス VS301H
ミドリ安全

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミドリ安全 一眼型 保護メガネ オーバーグラス VS301H の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノーマル戻し?のダメ出しあれこれ ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる