ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説

アクセスカウンタ

zoom RSS 陣馬形山キャンプ

<<   作成日時 : 2016/05/03 14:03   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

今頃は陣馬形山でキャンプという羨ましいSR乗りの方もいるかな。

今年のGWは仕事する事にしたので、一足先に、一昨年の夏のキャンプツーで行った陣馬形山ヘ、クルマでキャンプしに行ってきました。


今回はクルマなので、キャンプ道具は少々豪華。
中で立てる2ドームテントに、テーブル、イス、クーラーバッグ、ポリタン、2人分のでかい寝袋、炭コンロ、焚き火台etc諸々を積んだら、3ドアハッチバックの我が愛車はまさにギッチギチ。

荷物が重く、高速の段差でボヨンボヨン揺れながら駒ヶ根ICを降り、バイパス沿いの大型スーパーで買出しを済ませ、キャンプ場はまだ水が出ないはずなのでぐるぐると公園を探してポリタンに20gも水を汲んだらさらに重くなり、これからの山道をちゃんと上ってくれるかちょっと心配。
しかし、心配をよそに1600ccMTの愛車はグイグイ狭い林道を上り、陣馬形山山頂に到着。


まだ水も出ないはずだし、シーズン前の平日だから貸切かと思っていたら、先客の車が2台と見晴らしの良い最上段アリーナサイトにテントが二張り。

貸切を期待していたけど、すっかりメジャーになった昨今、流石に甘かったようです。
水はGWに出るようになると役場のお姉さんは言ってもう出ていて、嬉しいけれども水を汲んできた苦労は何だったのだろう。

気を取り直して、まずはテント設営。
空いてるキャンプ場で他のテントのすぐ隣に張るというヤボな事はしたくないし、その奥は芝生に焚き火の残りが散らばっていたり、なぜか米が散らばっていたりして気に入らないしで悩んだ挙句、二段目の少々奥に決定。
アルプスの山並みはちょっと松の木に隠れるけど眺められます。

それにしても、最上段の芝生の焚き火跡はもとより、三段目の東屋に焚き火かバーベキューの跡が無残に放置されていたりして、少々荒れた印象がありました。
このキャンプ場の決まりは、直火禁止と、ゴミの持ち帰りだけ。
それすら守れない(守るレベルの話ではなく、常識なんですけどね)ような人が増え、マナー低下でキャンプ禁止とかにならないよう祈るばかりです。


そうこうする内に、一組は帰り、入れ替わりにカブに乗ったライダーが来たけれど、テントを張ったのは三段目。
三段目は水場とバイクからは近いけど見晴らしはいまひとつなので、空いていたら一番上のサイトをお勧めします。


今日は明るい内にプハーっと出来るかな。

とここで痛恨のミスが判明。
焼肉の肉は買ったのに、焼肉のタレを買い忘れてしまいました。

塩コショーだけの焼肉ではあまりに味気ないので、ひとっ走り山を降り、買出しへ。

今度は、中川村チャオ中川ショッピングセンター内の、チャオ生鮮食品館へ。
地方の小さなスーパーとは思えないほどランンナップが豊富で、大きなスーパーとは違うお惣菜のランンナップが嬉しいお勧めスーパーでした。

無料にもかかわらず、素晴らしいキャンプ場をしっかり管理してくれている中川村への恩返しの意味でも、陣馬形山キャンプでの買出しは、是非チャオ中川でどうぞ。
地元野菜の直売所もありますよ。


テントに戻ると案の定薄暗くなってしまいました。
夕暮れの中、プハーっとビールで乾杯。
ちょっと寒いけど、焚き火にあたりながらの伊那の夜景が綺麗です。

画像










Hiro Shop 焚火台 ファイヤー スタンド (シルバー)
Hiro Shop

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Hiro Shop 焚火台 ファイヤー スタンド (シルバー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
陣馬形山キャンプ ジュノーモーターサイクルのオートマン伝説/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる